スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4回レッスル駅伝 第3区

佐倉:レースは中盤に向けての第3区。この区間はキツネ峠までの5Km。アップダウンのきついコースとなっていますが、霧子さんこの区の注目選手は。

霧子:22番外人部隊のマリア・ロードン選手ですね。上位にいることもそうですが、第4区へのタスキリレーに要注目です。

佐倉:タスキリレーですか・・・・と、とにかくマリア選手に注目です。

佐倉:さて、レースですが、早速トップに変化がありました。霧子さんの注目選手。22番外人部隊のマリア・ロードン選手が、1番爆笑レッド&ピンクカーペット、マッキー上戸選手を交わしトップに立ちました。

霧子:そうですね。やはりマリア選手の調子は良さそうですね。このまま差を広げる気配があります。

佐倉:なるほど、そんな中第2号車にもレースが動いていますね。篠崎さん。

篠崎:はい、第2号車ですが、前回覇者の2番岡崎海邦セラフィムDSのボンバー来島選手が飛び出し3位に浮上しました。それに25番DENSOU、ガルム小鳥遊選手が付いてきていますが、少しずつ離されています。

霧子:来島選手も非常に良さそうですね。さらに上に上がることも考えられます。

佐倉:なるほど、来島選手にも注目ですね。では、第3号車はどこにいますか?観月さん。

観月:現在5位のグループ11番気ままに進む隊、サンダー龍子選手を先頭とするグループにつけています。このグループには4番はっちゃけあやさん以外、9番夢の扉の開き方、19番MAHOROBA、8番ファレノプシス+ブラウンシュガーwith韓流、23番麗華と愉快な仲間達の6チームが1グループとなっています。そして、その後ろに猛スピードで襲いかかってくる選手がいますが・・・石田さんつけていますか?

石田:はい、猛スピードで迫ってくる選手が2選手います。前に第1回覇者10番KYひとあさ証券、大空 みぎり選手。その後ろに14番武闘天使+α、ダークスターカオス選手。この2選手がタスキを受け取ってからかなりのスピードで選手を次々と抜いていきます。

霧子:まわりの選手と実力が違う感じがしますね。このまま前のグループを襲いかかっていくでしょう。

佐倉:そんな中、3区も残りわずかとなりました。第3中継所には出雲そば放送の宮永さんがスタンバイしてくれています。宮永さん。

宮永:激しいアップダウンのゴールはここキツネ峠です。中盤のエース区間に繋げる第3中継所にはどんな展開が待っているのでしょう。

 まず先頭で入ってきたのは22番外人部隊のマリア・ロードン選手です。しかし第4区には誰もいません。チームの関係者がマスクを吊り下げて待っています。さあ、その中マリア選手が来ました。どうするのでしょうか?・・・・さあ関係者のマスクを取って・・・・これは何と!!ダークスターカオス選手です!!そしていつの間にかゼッケンも「22-3」から「22-4」になっています!!その間1秒足らず・・・恐れるべき選手です!!何と12Kmを1人(??)で走るみたいです!!タイムは28分45秒!!28分45秒で通過しました。
 さあ、そして2番手には前回覇者の2番岡崎海邦セラフィムDS、ボンバー来島選手が来ました、こちらはマイティ祐希子選手へゴールデンペアリレーです!!通過タイムは29分35秒。トップとの差は50秒です。
 3番手には25番DENSOU、ガルム小鳥遊選手が来ました。そしてその後ろになんと10番KYひとあさ証券、大空 みぎり選手がとてつもないスピードで迫って来ました!!25番DENSOUが前で通過!そして10番KYひとあさ証券も通過!ここまで1分50秒!!なお、10番KYひとあさ証券の大空 みぎり選手のタイムは10分25秒!!17人抜きと、とんでもないタイムを叩き出しました!!
 5番手には1番爆笑レッド&ピンクカーペットが来ました。その後ろには14番武闘天使+αも迫ってきています。この第3中継所は爆笑レッド&ピンクカーペットが前で通過。その後ろに武闘天使+αも通過しました。ここまでが3分5秒差。なお14番武闘天使+αのダークスターカオス選手は13人抜きの快挙です!!
 7位からは集団となって来ました。まずは11番気ままに進む隊、4番はっちゃけあやさん以外、そして9番夢の扉の開き方と19番MAHOROBAは2チーム同時に。8番ファレノプシス+ブラウンシュガーwith韓流と23番麗華と愉快な仲間達も2チーム同時、21番U-82陸上部、やや離れ7番NEW WIND、そして、17番E&littleGと18番しるばぁみれにあむも2チーム順位を上げ同時に、さらに苦しい3区となった12番TEAMスクールオブエンジェルス、13番グリーンディスティニーも2チーム同時、そして順位を落とした6番CBTメキシカンブレンド、24番テンイムホウまでの13チームが1グループとなりました。ここまでのトップとの差は5分20秒です。
 21位には3番マジカルじゃぽねすくの栗浜 亜魅選手も非常に苦しい走りとなってしまいました。後ろからは順位を上げた15番プロレスリング・ホークス、やや離れ26番オーサカドガゴンランナーズ選抜も捉えようと迫ってきています。そして20番関東学連戦隊、さらにこちらも苦しいレースとなってしまった16番湘南ニーソックス、獅子堂 レナ選手も第4区にタスキをつないで行きました。ここまでが6分45秒差です。
 そして、26番目に入ってくる選手は5番ドルフィン早瀬とちーちゃんずの桜井 千里選手です。前との差は詰まってきています。その勢いで第4区の永原 ちづる選手へ繋げました!!トップとは7分20秒!7分20秒差で全26チームが通過しました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト
プロフィール

DolphinsO

Author:DolphinsO
Dolphins(O)
団体名は岡崎セラフィムDSで行っています。また、会談の場は基本的にここで行います。

*レッスルエンジェルスの画像については、許可無く転載などをしてはいけません
(c)2006 松永直己/SUCCESS
(C)2008 松永直己 / TRYFIRST

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
sakaki2.jpg 20110111102305f65.jpg マリッジロワイヤル プリズムストーリー  
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。