スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4回レッスル駅伝 第6区~訂正版~

※7・2 修正版を掲載しました。もう一度ご覧になって頂ければ幸いです。

佐倉:さあ、第4回レッスル駅伝も佳境を迎えてまいりました。この6区は府道91号線までの5Kmですが、霧子さんこの区のポイントと注目選手は。

霧子:そうですね、この区は大きな特徴というのはないですね。しかし、距離は長くなく、短くないので選手の起用は比較的難しい区となるかもしれません。また、終盤に繋いで行く意味では決しておろそかには出来ません。
 注目選手は重なっている選手が少ない中、10番KYひとあさ証券のダークスターカオスには要注目です。他のチームでは好走続きなので、やはりこの区においても注目です。また、スピードに定評のある、5番ドルフィン早瀬とちーちゃんずのチョチョカラス選手、12番TEAMスクールオブエンジェルス、木村 華鳥選手、そして今、先頭の2番岡崎海邦セラフィムDS、ディアナ・ライアルなどにも注目です。

佐倉:さて、カメラは先頭を捉えています。


佐倉:現在の先頭は2番岡崎海邦セラフィムDSのディアナ・ライアル選手と10番KYひとあさ証券のダークスターカオス選手が競っています。そのやや後ろに22番外人部隊、ジョディ・ビートン選手が付いていきます。霧子さんこの3人の走りを見て、いかがでしょうか。

霧子:そうですね・・・・ディアナ選手とカオス選手は柔と剛のタイプですが、持ち味の出たいい走りをしていますね。対して、ジョディ選手はちょっと離されている感じですね。スピードに乗れていない感じが強いのでこの2チームについていけるかは疑問符がつきます。

佐倉:そうですね。そして気になるのは首位を追うグループです。そこには第2号車がつけてくれています。篠崎さん。

篠崎:はい、第2号車は現在4位の9番夢の扉の開き方のパンサー理沙子選手につけています。パンサー選手が4位集団から飛び出しています。その後ろには25番DENSOUの佐尾山 幸音鈴選手。さらには7番NEW WIND、レインボー岩城選手。そして岩城選手を追い上げるのは1番爆笑レッド&ピンクカーペットの小縞 聡美選手です。

霧子:理沙子選手の飛び出しは実力からいっても頷けます。また、その後ろの5位集団は混戦模様になる感じですね。

佐倉:なるほど、追い上げるパンサー理沙子選手には注目ですね。では、第3号車はどこにいるでしょうか。観月さん。

観月:はい、第3号車は今、10位グループの大集団を捉えています。前から11番気ままに進む隊、相羽 和希選手。8番ファレノプシス+ブラウンシュガーwith韓流、ユン・メイファ選手。21番U-82陸上部、白石 なぎさ選手が団子状態になっているところに3番マジカルじゃぽねすくの永沢 舞選手が強襲してきました。さらに14番武闘天使+αの山田 遥選手には23番麗華と愉快な仲間達の斉藤 彰子選手と12番TEAMスクールオブエンジェルスの木村 華鳥の両選手が襲いかかり、この2選手をさらに追い上げる6番CBTメキシカンブレンド、ノエル白石選手までが1つのグループとなっています。

霧子:非常にこのグループは混戦模様になって来ました。めまぐるしく状況が変化しそうなので、各選手ともアクシデントには気をつけて欲しいものです。

佐倉:混戦になるとアクシデントは起こりやすいですからね。では、バイクリポートはどこにつけていますか石田さん。

石田:はい、バイクリポートは現在22位グループにいます。タスキがポイントの16番湘南ニーソックスの芝田 美紀選手に5番ドルフィン早瀬とちーちゃんず、チョチョカラス選手が併走しています。共にスピードに乗った走りで前との差を詰めています。

霧子:湘南ニーソックスのタスキはニーソックスでできていますからね。弾力はありそうです。前回も手袋でしたから非常に面白いチームです。ただ、走りも決してニーソックスでできたタスキに負けない快走ですね。スピードに定評のあるチョチョカラス選手も仮面の貴婦人の異名らしくスピードある走りを披露しています。

佐倉:16番湘南ニーソックスの芝田 美紀選手の走りに注目ですね。さあ、先頭は間もなく第6中継所に近づいてきました。先頭は10番KYひとあさ証券のダークスターカオス選手が先頭を奪い、2番岡崎海邦セラフィムDS、ディアナ・ライアル選手に対して差を広げています。さあ、そんな中、マイクを第6中継所にバトンを渡します。富山ます放送の辻本さん。

辻本:はい、府道91号線の第6中継所の辻本です。終盤へ繋ぐうえで非常に重要なポイントとなる第6中継所。さあ、先頭の選手が見えてきました。
 先頭で来たのは。10番KYひとあさ証券のダークスターカオスが来ました。カオス選手から7区の南 利美選手へ。!タイムは1時間11分45秒!!1時間11分45秒で通過しました。カオス選手のタイムは13分15秒!!かなりいいタイムで通過しました!
 そして2位には連覇を目指す2番岡崎海邦セラフィムDS、ディアナ・ライアル選手です。さあ、こちらは7区の武藤 めぐみ選手にタスキを渡しました!タイム差は45秒で通過しました。
 3位グループには2チームが来ました。9番夢の扉の開き方、パンサー理沙子選手が22番外人部隊、ジョディ・ビートンを追い抜いて7区へ!タイム差は3分30秒です。
 5位からは2チームです。1番爆笑レッド&ピンクカーペット、その後ろに7番NEW WINDが相次いで通過。3位との差は1分30秒です。
 7位からも2チームが来ました。19番MAHOROBAが25番DENSOUを交わした時点で7区へ!さらには4番はっちゃけあやさん以外も通過。先頭との差は5分30秒差です。
 10位からは大集団となって来ました。21番U-82陸上部は順位を上げ、3番マジカルじゃぽねすく、11番気ままに進む隊は2チーム同時に、その後方6番CBTメキシカンブレンド、12番TEAMスクールオブエンジェルスの両チームは順位を上げ、14番武闘天使+αと8番ファレノプシス+ブラウンシュガーwith韓流は順位を下げました。8番ファレノプシス+ブラウンシュガーwith韓流と同時に23番麗華と愉快な仲間達は順位をキープ。ここまでがグループとなって通過しました。トップからの差は8分5秒です。
 18位からは2チームが来ました17番E&littleGその後方には18番しるばぁみれにあむの順で来ました。前との差は1分50秒です。
 20位からは4チームが来ました。13番グリーンディスティニーに20番関東学連戦隊、さらに5番ドルフィン早瀬とちーちゃんず、16番湘南ニーソックスが追ってきての通過です。トップとの差は11分20秒です。なお5番ドルフィン早瀬とちーちゃんずのチョチョカラス選手のタイムは13分45秒!16番湘南ニーソックス芝田 美紀選手のタイムは14分5秒!!区間賞を逃しましたが、この区間上位に入る快走です!
 24位からはグループとなって来ました。、15番プロレスリング・ホークスのドルフィン早瀬選手と26番オーサカドガゴンランナーズ選抜が相次いで通過。前との差は50秒です。
 そして、26番目のチームが来ました。24番テンイムホウのライジン美冬選手です。沿道の声援に応え7区の新咲 祐希子選手へ!通過タイムは1時間27分25秒。トップとの差は15分40秒で全26チームが第6中継所を通過しました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト
プロフィール

DolphinsO

Author:DolphinsO
Dolphins(O)
団体名は岡崎セラフィムDSで行っています。また、会談の場は基本的にここで行います。

*レッスルエンジェルスの画像については、許可無く転載などをしてはいけません
(c)2006 松永直己/SUCCESS
(C)2008 松永直己 / TRYFIRST

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
sakaki2.jpg 20110111102305f65.jpg マリッジロワイヤル プリズムストーリー  
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。