スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4回レッスル駅伝 ゴール

佐倉:さあ、第4回レッスル駅伝もゴールに近づいてきました。ゴール地点の実況は白馬プリンセス放送の縁川さん。

縁川:はい、第4回レッスル駅伝もフィニッシュに近づいてきました。さあ、間もなく先頭が来ます。
縁川:さあ、先頭で来たのはゼッケン10番KYひとあさ証券、ビューティ市ヶ谷選手です。さあ、沿道の声援に応えています。1区の金井選手、2区の藤島選手が懸命に繋いだタスキを3区の大空選手が区間賞&17人抜きの爆走!4区のクリス選手は区間2位の走りで3位に、5区は山元選手は粘りの走りで。6区のカオス選手はKYひとあさ証券に2つ目の区間賞&首位奪還をもたらし、7区の南選手は一旦首位を奪われるも粘りの走りで、そしてアンカーの市ヶ谷選手が華麗に首位を奪いました。さあ、メンバーが迎える中、今、ビューティ市ヶ谷選手がゴールしました!!タイムは1時間54分45秒!!これまで開催された4回の中で最速のタイムです!!第1回目に続き2度目の優勝の快挙です。

 そして2位には連覇を逃しましたがディフェンディングチャンピオンに恥じない走りをしてくれました2番岡崎海邦セラフィムDS、結城 千種選手です。5区、7区で首位に立つも守り切ることはできませんでしたが、実は全8区常に5位以内にいるという安定感は見事です。タイムは1時間55分25秒前回よりもタイムを伸ばしました。

 3位で来たのは9番夢の扉の開き方、ビューティ市ヶ谷選手です。前回の5位から2つ順位を上げてきました。こちらも安定感ある走りで8区間を繋いでのゴールです。タイムは1時間56分25秒!高タイムでのゴールに沿道も沸いています。

 4位には7番NEW WINDのビューティ市ヶ谷選手です。前回21位からの大ジャンプアップ!これは次回にも期待が持てる走りです。タイムは1時間57分55秒です。

 5位争いの前にはホストチームでもある1番爆笑レッド&ピンクカーペット、マイティ祐希子選手が来ました。何といっても1区の渡辺 智美選手の区間賞が印象に残ります!タイムは1時間58分35秒!そして22番外人部隊のクリス・モーガンも来ました。何といっても3区~4区の歴史に残るバトンリレー、その4区のカオス選手が区間賞、そしてアンカーのクリス選手が今、ゴールしました。タイムは1時間58分50秒。クリス選手のタイムは23分35秒!!後続次第ですが、区間賞はほぼ確実でしょう。
 
 7位からは2チームが接戦で来ました!14番武闘天使+α、マイティ祐希子選手、前回2位の21番U-82陸上部、相羽 和希選手。マイティ選手が前に出た!!14番武闘天使+αが7位。21番U-82陸上部が8位とここまでが入賞ラインです。

 さあ、1桁順位の争いも最後までもつれました!最後に前に出たのは25番DENSOU、パンサー理沙子選手。そして、23番麗華と愉快な仲間達、ビューティ市ヶ谷選手。7区武藤 めぐみ選手が区間賞をとった18番しるばぁみれにあむ、結城 千種選手。3番マジカルじゃぽねすく、ロイヤル北条選手が相次いでゴール!!15秒差に4チームが争う大混戦となりました。
 
 13位グループも接戦です。前には6番CBTメキシカンブレンド、チョチョカラス選手、5区桜井 千里選手が区間賞を取った8番ファレノプシス+ブラウンシュガーwith韓流の新咲 祐希子選手。そして、4番はっちゃけあやさん以外、サンダー龍子選手と11番気ままに進む隊、パンサー理沙子選手は互いに譲らない!!同時にゴールしました!!
 
 17位に19番MAHOROBAの草薙 みこと選手が来ました。4区の伊達 遥選手の区間5位の快走が光ります。タイムは2時間4分25秒。ここまでトップと10分以内でゴールしました。

 18位に5番ドルフィン早瀬とちーちゃんずの結城 千種選手が来ました。何といってもドルフィン早瀬選手を筆頭にして見事にちーちゃんで繋ました。タイムは2時間7分10秒です。

 19位からは3チームが一団となりました。まず、2区榎本 綾選手が区間賞を取った12番TEAMスクールオブエンジェルス 、小縞 聡美選手を前に。7区新咲 祐希子選手が区間賞を取った24番テンイムホウ、市ヶ谷 麗華選手。そしてすぐに20番関東学連戦隊、パンサー理沙子選手と20秒差に3チームが相次いでゴールしました。

 22位からも3チームが一団となっています。15番プロレスリング・ホークス、マイティ祐希子選手。さらに17番E&littleG、ディジー・クライ選手。さらにニーソックスで繋げた16番湘南ニーソックス、小縞 聡美選手の順でゴールしました。50秒差に3チームが入っています。

 25位には26番オーサカドガゴンランナーズ選抜、レインボー岩城選手が来ました。終始苦戦しましたが、地元の声援に必死に応えゴールしました。タイムは2時間12分35秒です。
 
 そして26番目のチームが来ました。緑のチーム13番グリーンディスティニーのソニックキャット選手です。沿道の声援に応えています。さあ、そして今ゴールイン。タイムは2時間13分25秒トップからは18分40秒で全26チームが無事に第4回レッスル駅伝を走り切りました。

 以上、ゴール地点のハル運動競技場からお伝えしました。

 ※ 公式記録はやってやるって!!あ、レッスルも。様のブログをご覧ください。

 いかがでしたでしょうか。開催地を大阪に移しての第4回レッスル駅伝。優勝はゼッケン10番KYひとあさ証券です。BANK行かなアカンねん様、優勝おめでとうございます。
 他のチームのオーナー様もご苦労様です。そして今回は前回よりも更新スピードが遅くなってしまい申し訳ありませんでした。そして今回も出来るだけたくさんのチームを取り上げたかったのですが、やはり今回も、チームによって取り扱った実況に差があるかもしれません。今回も無事に最後まで実況出来たことを皆様に感謝いたします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

実況お疲れさんでした!
いやいや十分に更新されてましたし臨場感あふれる言い実況だったと思いますよ。
まずは御苦労さまでした。
そして次回はよろしくお寝がします。

No title

実況お疲れ様です。
そしてありがとうございます~

終始最後の方を走っておりましたが、最後に取り上げられ嬉しく思いますw
順位だけでなく、一人抜いた抜かれたと一喜一憂で着るのがこの駅伝の魅力かなと思います。
ひじょうに楽しめましたよ♪

じかいも宜しくです~

はじめまして

実況お疲れ様です。

Dolphinsさんの実況毎回楽しく拝見ました。
個人的にも「ちーちゃん」繋がりに触れていただき有り難うございます。

これからも楽しい記事を期待してます。

さて次回の駅伝に向けて、どのようなネタでいきましょうか。

No title

コメントをくださった皆さん誠にありがとうございます。

>泡藻さん
そんなこと言われちゃいますとなんだか嬉しいです。
泡藻さんこそ初参戦お疲れ様です。いかがでしたか?
実況、もしして頂けるなら、厚かましいですが、お願い致します。

>オーサカさん
やっぱり前と後ろじゃ取り上げる回数は実際の駅伝でも違うと思いますが、せめて中継所とゴールは全チーム取り上げるようにしました。
でも、駅伝は様々な要素が絡むので非常に面白いと私も思います。

>バンダーさん
いえいえ、そういってもらえると非常にうれしいです。次回のネタ非常に楽しみです。
「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト
プロフィール

DolphinsO

Author:DolphinsO
Dolphins(O)
団体名は岡崎セラフィムDSで行っています。また、会談の場は基本的にここで行います。

*レッスルエンジェルスの画像については、許可無く転載などをしてはいけません
(c)2006 松永直己/SUCCESS
(C)2008 松永直己 / TRYFIRST

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
sakaki2.jpg 20110111102305f65.jpg マリッジロワイヤル プリズムストーリー  
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。