スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5回レッスル駅伝愛知ラウンド回顧録

小川:では、もう一つの話題に入りましょうか。
Dol:ああ、第5回レッスル駅伝愛知ラウンドの回顧録だな。
小川:ええ、本日2回目の更新なので早速本題へ行きましょう。「続きを読む」からどうぞ。


第1区 三河安城プロレス地元の意地で首位からスタート!!

第1区個人成績

小川:まず、第1区。ここは何といっても12番地元三河安城プロレスの意地ですね。なんとか13番上原さんがいませんね(笑)と22番しるばぁみれにあむの追走を振り切りました。
Dol:ああ、今回地元なのはうちと三河安城プロレスだからな。
楠木:そうですね。気合いの入りようが違いました。
小川:この区間は向い風と雨、スタミナ切れを起こした選手は少なくありませんでした。
Dol:ああ、それとこの区間はコスト3、4の選手が上位独占で、コスト2以下ではうちの楠木が最上位だったんだ。
楠木:それは以外ですね。特訓を積んできて良かったです。
小川:あと、7番U-84陸上部はレース当日までX選手での登録でしたね。
Dol:プロレスではあることだから、面白かったな。Xて誰なんだろうってことで1つの話題が出来るからな。
楠木:そうですね。

第2区 悪条件の連続となった中しるばぁみれにあむのエースが輝く

第2区個人成績

小川:続いて第2区。22番しるばぁみれにあむがエース武藤 めぐみの活躍で区間賞を取り、首位に立ちました。
Dol:このチームは1区の結城 千種の2枚看板で序盤から勝負に来たのがいい方向に出たな。
ディアナ:そうですネ。2枚看板を投入されると圧倒されますネ。
小川:ええ、この第2区も悪天候・・・この区間もスタミナ切れを起こすチームがいました。
Dol:私自身もこの天候は想定外だったな。そして、この区間はスピードのあるチームが上位に来たんだ。
ディアナ:そうなんでスカ。
小川:はい。武藤さんの他には2番ワキフェチの敵・中森 あずみ選手もスピードを強化して区間2位ですからね。
Dol:そうだな。この区間はフラットだしな。やはりスピードが物をいう区間になったな。

第3区 RIKKAの集団の中ブレイクランをやってのけたワキフェチの敵・秋山選手がもぎ取る

第3区個人成績

小川:第3区は落ち着いた気候になりましたね。
Dol:ああ、そんな中この区間は初めてブレイクランした選手が現れたな。
RIKKA:・・・・・・・・ああ・・・・・・・・・
小川:2番ワキフェチの敵・秋山 美姫選手ですね。ブレイクランの効果で区間賞に輝きました。
Dol:区間2位の15番戦国大作戦・テディキャット堀選手も好走したが、ブレイクした秋山選手にはあと一歩の所だったな。
RIKKA:・・・・・・・その次に私・・・・・・・・
小川:はい、この区間はRIKKAの集団。実況も相当驚いたみたいです。
Dol:これは想定外だったな。ただ、相当面白かったのでいいじゃないかな。
RIKKA:・・・・・・・・オーナー、映像を見て噴いた・・・・・・・・
Dol:そりゃ噴くわ!!あんな映像を見たら。

第4区 目にモノをかけた2チームが上位に。監督が選手に目をかけた?

第4区個人成績

小川:この区間は目に掛けた2チームが1位、2位でした。
Dol:区間賞の20番Innocent girls・パンサー理沙子選手は六角さんの眼帯を。そして区間2位のうちのチーム11番岡崎海邦SDS カレイドコレクターズ・コレクターチダネ選手は・サングラス 篠崎 愛Verをかけて好走したな。
千種:眼帯にサングラス、今回採用されたマスクシステムを上手く活用した例だね。
小川:そうですね。それも目に掛けたわけですから。共通点もあった訳ですね。
Dol:うちはコレクターつながりでやった訳だけど、こういった共通点があったのは面白かったな。
千種:そうだね。次は何とか理沙子さんを越えたいね。
小川:あと、コスト2の14番ぱわぱわりたーんず・オーガ朝比奈選手が区間4位と輝いてましたね。
Dol:ああ、区間賞から1分15秒差、6人抜き(愛知ラウンド最多記録)と十分過ぎる走りだと思うな。
千種:監督さんもこの好走にはいい意味で想定外だったかもしれないね。
小川:そうですね。

第5区 エースの意地とブレイクラン、ともに譲らず区間賞!!

第5区個人成績

小川:第5区はいい条件の中、愛知ラウンド唯一の2人区間賞獲得ですね。
Dol:ああ、8番気ままに進む隊・金森 麗子選手は絶対的エースとしての意地、1番CBTFニューメキシカンブレンド・マスクドミスティー選手はブレイクランによって一気に金森さんに並んだ訳だな。
上原:そうですね。私は区間3位。5秒差と非常に惜しかったですね。
小川:でも、この走りはさすが監督と言えますね。
Dol:ああ、愛知ラウンドはうちのチームはチダネ~ブレード間が1番力をかけた所だったな。
上原:ええ、初の区間賞は逃してしまいましたが、非常に面白かったです。
小川:この区間はコスト1,2の選手が中心でコスト3の選手は苦戦模様でしたね。
Dol:ああ、短い距離、下り、名古屋市に入っての観客増・・・・ジュニア選手向きの区間だったかもな。
上原:そうですね。だからこそ激走システムが大きく成績に左右された訳ですね。

第6区 愛知ラウンド最大のサプライズ!!その立役者は渡辺 智美!!

第6区個人成績

小川:そして追い風、曇りと絶好の条件となった第6区。この区間にはサプライズが待っていました!!
Dol:その中心は4番麻○良学園レッスル組(neoバージョン)の渡辺 智美選手。時速32Kmの走りで区間賞、そして優勝をもぎ取る離れ業を演じたな。
ソニック:うきゅ~あの速さはいくら私でも敵わないの~~
小川:そうですね。この区間はエース級を投入してきたチームが多く、コスト3,4の選手も結構いましたが、その中での渡辺選手の走りは凄すぎました。
Dol:この区間はアピールを中心に特訓して区他チームがベスト3独占した形になったな。
ソニック:私も何かやればよかったの~~
小川:デパートの屋上でヒロインショーを?
ソニック:そうなの~2倍に増やせばよかったの~~
Dol:それで上手くいくか?

小川:愛知ラウンドを振り返ってみるとこの他にもいろいろなドラマがありました。
Dol:全22チームすべてにドラマがある訳だからな。
小川:しかし、舞台は月曜から長野に移ります。
Dol:新たな舞台でどんなドラマが生まれるのか注目だな。
小川:そうですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト
プロフィール

DolphinsO

Author:DolphinsO
Dolphins(O)
団体名は岡崎セラフィムDSで行っています。また、会談の場は基本的にここで行います。

*レッスルエンジェルスの画像については、許可無く転載などをしてはいけません
(c)2006 松永直己/SUCCESS
(C)2008 松永直己 / TRYFIRST

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
sakaki2.jpg 20110111102305f65.jpg マリッジロワイヤル プリズムストーリー  
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。