スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第6回レッスル駅伝ルール

小川:ここでは第6回レッスル駅伝のルールを紹介します。
楠木:エントリー前にルールの確認をお願いします。「続きを読む」からどうぞ。

第6回レッスル駅伝のルール

なお、開催時期の有力な案は11月1日(日)第1区開始です。

①.スピードの数値+1×5秒×Km数(スタミナの範囲内)、標準タイムよりも縮まる
②.(スタミナ+1)×1Km走れる、5Km以上の区間の場合余ったスタミナは1につき20秒縮まる
スタミナが足りなかった場合、足りなかったKm数×40秒加算
③.アップダウン指数×パワーの分、タイムが加算される×20秒
④.観客指数×アピールの分、タイムが減算される×10秒
⑤.たすきリレーの際、好意相手との場合、20秒減算、嫌悪相手の場合、20秒加算


ただし第5区~第6区のタスキリレーの補正はありません。1日目~2日目で開催地が違い、実際にタスキリレーがないので・・・

実例
武藤めぐみが、8㎞区間(アップダウン指数0、観客指数1)を走った場合
標準タイムはKm数×4分、32分
スピード9+1×5秒×8㎞で、6分40秒短縮、アピール分40秒短縮、合計7分20秒短縮
24分40秒が記録
同じ距離を結城千種が走ると、スピード5+1×5秒×8Km、4分短縮
スタミナの余剰分×20秒で、40秒短縮、アピール分40秒短縮、合計5分20秒短縮
26分40秒が記録

10Km区間になった場合、標準タイムは40分
武藤めぐみは、先ほどの短縮分に、スタミナ不足分1分20秒(40秒×2Km)が加算されて、6分00秒短縮
結城千種は、余剰分が無くなるが、スピード5+1×5秒×2Km分短縮、5分40秒短縮

最初の例で、アップダウン指数が2の場合
武藤めぐみは、0×2×20秒で、0秒加算されて、7分20秒短縮
結城千種は、3×2×20秒で、120秒減算されて、7分20秒短縮

逆に今回から取り入れたアップダウン指数が-1の場合
武藤めぐみは、0×-1×20秒で、0秒加算されて、7分20秒短縮
結城千種は、3×-1×20秒で、60秒加算されて、4分20秒短縮


そこに前回に続いて好走or凡走システムを導入します。

このシステムはダイス2個でサイコロを振りその和で決める。なお、好走・凡走タイムはコスト3の選手のとき(マスク加算含む)
 激走(11,12)20秒減算 (3/36 確率 8.33%)
 好走(9,10)10秒減算 (7/36 確率 19.44%)
 普通(6~8)変動なし (16/36 確率 44.44%)
 凡走(4,5)10秒加算 (7/36 確率 19.44%)
 失速(2,3)20秒加算 (3/36 確率 8.33%)
 で、コスト4以上の選手はコスト3の半分
 コスト2の選手はコスト3の1.5倍
 コスト1の選手はコスト3の2倍
と、なります。

 なお、今回の天候に関しては前回は5種類だった天候システムを3(風向き)+3(天気)に変更する予定です。

第6回レッスル駅伝天候表


コスト・補正に関するルール

今回のチームは総コスト21以内で組んでください。
1区の平均コスト2プラス、マスク分1を基準に考えました。

選手能力値一覧はこちら
選手能力表(能力値の変更はありません)

コスト割引コンビ&トリオ一覧
コスト割引コンビ&トリオ一覧(こちらも前回からの変更はありません)


第2回より導入されましたオリジナルコンビ制度ですが、希望があれば
今回も1チーム2組、受け付けます。(2ステージ制ですので)
オリジナルのコンビを入れる場合は
エントリーフォーム内
「オリジナル補正タッグ及びボーナス設定欄」に
どの選手とどの選手、補正タッグ名、友好か嫌悪かの関係を必ず書いて下さい。
例え規定の能力表で友好、嫌悪がついてる関係でもこのオリジナルタッグとして
付けて頂ければオリジナルの関係を優遇いたします。
(例:マイティ祐希子・ビューティ市ヶ谷間には通常では嫌悪の関係があるが補正を付ける事で友好にできます。)
オリジナルコンビのコスト計算に関しては(選手Aのコスト+選手Bのコスト-1)です。
例を挙げなくてもわかると思いますが、
渡辺智美とサンダー龍子間に付けたいと思えば1+3-1でコスト3と言うわけです。

※ オリジナルコンビですが、1つのラウンドに2つはOKです。その場合はもう1つのラウンドにはオリジナルコンビは掛ける事が出来ません。

マスクシステムについて
第5回では10種類あったマスクシステムを今回は6種類に変更します。
A 派手なマスク(スピード、アピール+1、スタミナ、パワー-1)
B 地味なマスク(スタミナ、パワー+1、スピード、アピール-1)
C 万能マスク(スピード+1、スタミナ+1、パワー+1、アピール+1 コスト+2)
D スピードマスク(スピード+1、アピール+1 コスト+1)
E パワーマスク(スタミナ+1、パワー+1 コスト+1)
F 能力設定カスタムマスク
 このマスクはマスクに付くポイントを自由につけたい方のために設けました。与えたいスキル1つに当たりかかるポイントとその合計値でかかるコストは次の通りになります。

マスクシステム数値表

また、マスク人数の上限も今回は撤廃します。ただし、合計コストをオーバーしないようにしてください。それと、マスクを被る選手もエントリー時に公表していきますので、必ず明記してください。


マスク装着選手欄には
マスクを装着する選手、かぶせるもの(自由です)、適用するスキル(上記の①~⑩を選んでください)、装着後の登録名の記入をお願いします。

ボーナス設定は、前回から変更はありません。
まず、基本は全チーム共通で8ポイントです。
そこに、チーム内にいるコスト1の選手の数×2ポイント加算されます
さらに今回はチーム内にいるコスト2の選手の数×1ポイントも加算されます。
つまり、コスト1の選手が3人、コスト2の選手が4人で構成されたチームは、8+(2×3)+(1×4)=18ポイント
この場合、最大18ポイントまで使えます。

コスト1の選手に、コストが+1されるマスクをつけた場合
元のコスト1+マスクのコスト1=コスト2になるので
ボーナスポイント=1 と、なります。

一人の選手に使えるポイント数は前回と同じで

コスト1の選手が使えるボーナスポイント→7ポイント(継続)
コスト2の選手が使えるボーナスポイント→5ポイント(継続)
コスト3の選手が使えるボーナスポイント→3ポイント
コスト4以上の選手が使えるボーナスポイント→2ポイント(改正)

こちらのポイント振り分けは「ボーナスポイント振り分け欄」に記入をお願いします。
ちなみにマスクによるコスト補正を適用してのコストになります。例:菊池 理宇(コスト2)にカオスマスクをつけるとコストは4になります。この場合マスクをつけない場合(5ポイント)から配分できるポイントは2ポイントになります。
 
ボーナスポイントをマイナスに配分する場合もプラスと同じです。

コスト割引タッグ・トリオによるコスト割引ですが、原則として組数に制限は設けておりません。
単純にいえば、割引タッグ4組で8人体制をとってエントリーも
コストさえオーバーしなければ構いません。

例を挙げると
ゴールデンペア
めぐちぐ
村上姉妹
HRコンビ
という8人体制でもOKです。

ただ、この場合だとゴールデンペアに菊池を加えてトリオ「レッスルエンジェルス」というボーナスもありますが
コスト割り引きは1人について一つまでです。
こういうように補正タッグ(オリジナルも含む)が被るキャラがいる際には
どちらの割引を適用するかの記入もお願い致します。

また、ボーナスポイントについてですが、こちらはあくまで元々がコスト1のキャラだけに
+2ポイントが優遇されます。
コスト割引で浮いた分には勿論ボーナスは発生しませんのでご了承下さい。

送って頂いたエントリー内容ですが、大体は送って頂いた2日後ぐらいには
コスト、ボーナスの数値確認を行います。
そしてその際コストオーバーやボーナス振り分けオーバーが見つかった際には
記事にて呼びかけますので念の為サイトに目を通して頂ければ、と思います。

コストオーバーが発生した場合で、開催までにコストの修正がされなかった場合は
オーバー分の数字×8分(前後半:オーバー分の数×4分ずつ)のペナルティを課しますのでくれぐれも気をつけて下さい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト
プロフィール

DolphinsO

Author:DolphinsO
Dolphins(O)
団体名は岡崎セラフィムDSで行っています。また、会談の場は基本的にここで行います。

*レッスルエンジェルスの画像については、許可無く転載などをしてはいけません
(c)2006 松永直己/SUCCESS
(C)2008 松永直己 / TRYFIRST

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
sakaki2.jpg 20110111102305f65.jpg マリッジロワイヤル プリズムストーリー  
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。