スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢を追うからこそ・・・

小川:本日は予定を変更してお送りいたします。
楠木:UMA&RINですね。エリザベス女王杯の結果発表からどうぞ。

Dol: ⑪ テイエムプリキュア(熊沢) 2着
六角: ④ ジェルミナル(福永) 13着
上原: ⑩ シャラナヤ(ルメール) 4着
武藤: ⑯ ブエナビスタ(安藤勝) 3着
千種: ⑤ リトルアマポーラ(スミヨン) 7着
小川: ⑫ ブロードストリート(藤田) 6着
楠木: ⑰ ムードインディゴ(田中勝) 12着

上原:勝ったのは11番人気、田中 博康騎手騎乗の7番クィーンスプマンテ、人馬共に初GⅠを制覇しました。
六角:そして2着に来たのがオーナーの本命、12番人気テイエムプリキュア。この2頭が大逃げをかます展開で、最後まで行った行った者勝ちの競馬になったな。
武藤:私の本命1番人気ブエナビスタはラスト3F32.9の鬼足を繰り出すも上位2頭に及ばず3着・・・フランスG1馬のシャラナヤが意地を見せ4着でした。
千種:大荒れも大荒れという結果だったね。
楠木:ええ、しかし今回の予想はオーナーの勝ちでしたね。
小川:そうですね。今年の日経新春杯みたいな大逃走劇でしたけど、今回は単騎逃げではなく、そして、良馬場・・・まさかこういった結果になるとは思いませんでしたね。
上原:最初の1000Mは60秒5・・・平均ペースでしたね。
Dol:ああ、そしてその上にもう1つのポイントが京都名物3コーナーの下りだな。1400~1800Mの2Fのタイムが33秒5・・・実はこの2頭ここで勝負をかけていたな。
六角:他の16頭は牽制しあって先に動いたら負けの展開・・・・その時点で上位2頭との差は3秒ぐらいだったみたいだからいくらなんでも致命的な差になったな。
武藤:そして今日はオーナーの本命だったテイエムプリキュアについてですね。
Dol:ああ、前走、前々走が最下位だっただけに意外に人気はあったから、やはりファンの多い馬なんだな・・・
上原:デビューからGⅠを含め3連勝・・・そのあとスランプで勝ちから見放されていたけど・・・引退レースだったはずの今年の日経新春杯で勝って一転現役続行を決めましたね。
六角:ああ、その後は強いところとやって勝てなかったが、今回の結果は続行して良かったのかもしれないな。
楠木:そうですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト
プロフィール

DolphinsO

Author:DolphinsO
Dolphins(O)
団体名は岡崎セラフィムDSで行っています。また、会談の場は基本的にここで行います。

*レッスルエンジェルスの画像については、許可無く転載などをしてはいけません
(c)2006 松永直己/SUCCESS
(C)2008 松永直己 / TRYFIRST

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
sakaki2.jpg 20110111102305f65.jpg マリッジロワイヤル プリズムストーリー  
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。