スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~Never Give Up For The Win~ ⑥

小川:まずは第7回レッスル駅伝の結果が出ましたね。
Dol:ああ、2位と4分20秒結果的には完勝だったのだが・・・いろいろひやひやしてたもんな・・・
菊池:第7中継点での差3分20秒は前回と同じタイムでしたのね。
小川:ええ、運命的な感じでしたもんね。
Dol:でも、その呪縛も解け、3回ぶり2回目の優勝を飾れたんだ・・・感慨深いな・・・
菊池:それに個人でもすべての区間において1ケタ順位みたいですからね。
Dol:ああ、エースが揃う7区の武藤が9位が一番低かったもんな。
小川:区間賞が1区のクリスさんと5区の悠里ちゃん。区間2位が2区の祐希子さんとアンカーの千種さん
菊池:今回の結果は凄かったですね。
Dol:まさに最強の世代~SuperGeneration~の名前通りだもんな。
小川:それに第4中継所以外は首位を守り続けるというある意味凄い結果。
Dol:ああ、確かにそうだな。
菊池:それでオーナーが選ぶMVPは誰ですか?
Dol:そりゃ当然、楠木だろう。5区区間賞、1分15秒差のビハインドを3分05秒のリードに替えた走りは称賛ものだもんな。
小川:オーナーの目的も達成しましたしね。
Dol:そうだな。その目的は次回に発表するとして、今日は第6区ダークスターカオス編だな。
菊池:そうだね。いつも通り「続きを読む」からどうぞ。

カオス:フッ・・・悠里・・・凄い走りしてくれたな・・・

楠木 悠里の憧れでもあるダークスターカオスは第5区の楠木の大激走に感心していた。

カオス:目の前であんな走りを見せられては・・・私も気合を入れなきゃな。

カオスは自分の実力をしっかり発揮できれば間違いないと思っていた。事実その実力はしっかりと発揮されていて、後ろの車に乗っている六角 葉月も把握できていた。

六角:1Km・3分を切るペースで走ってきているな・・・これなら問題はないか・・・

そんな2人に驚きの情報が入ってきたのはそれから少したった頃だ。

無線:今、2位の12番 舞闘天使 葉月Selectionが中継点を通過。先頭の6番岡崎海邦セラフィムDS ~SuperGeneration~との差3分5秒!!

この情報に六角は驚き・・・そして、感嘆の表情をした。

六角:おいおい・・・どこまで、差を広げたんだ?なんせ第4中継点は1分15秒のビハインドだろ・・・それを3分以上って・・・

そして、その情報をカオスに伝える。

六角:カオス、後ろとの差3分5秒!!3分以上開いてる!!

この情報にはカオスも愛弟子の楠木に対しては感心した。

カオス:まさか、ここまでやるとはな・・・私もうかうかしてられんな・・・

しっかりとした足取りでカオスが駆け抜ける。そして第6中継所が近づき第7区の武藤 めぐみが中継点へと向かう。

武藤:ここ2回私達は悔しい思いをしてきた・・・だからこそ今回は・・・・

その武藤の視界からカオスが見え始める・・・その後ろから迫ってくる選手は見えてこない・・・

武藤:カオス!!あと少し!!

その言葉にカオスがラストスパートをする。そして中継点。

カオス:ああ、武藤・・・頼んだぞ!!
武藤:ええ!!

そして第7区、武藤 めぐみが走り出した。最後に繋ぐ重要な区間・・・そしてその先に待ち受けるものは・・・・

第7回レッスル駅伝 岡崎海邦セラフィムDS~SuperGeneration~
第6区 ダークスターカオス 7分40秒 区間6位 区間賞との差 1分5秒
第6中継点 1時間27分35秒 1位 2位 なにはともあれ上原さんとの差3分50秒


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト
プロフィール

DolphinsO

Author:DolphinsO
Dolphins(O)
団体名は岡崎セラフィムDSで行っています。また、会談の場は基本的にここで行います。

*レッスルエンジェルスの画像については、許可無く転載などをしてはいけません
(c)2006 松永直己/SUCCESS
(C)2008 松永直己 / TRYFIRST

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
sakaki2.jpg 20110111102305f65.jpg マリッジロワイヤル プリズムストーリー  
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。