スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッスル駅伝 ゴール

ナスターシャ・ハン:さあ、第3回レッスル駅伝もラストシーンが近づいてきました。今回はゴール地点の実況をさせて頂きます。よろしくお願いします。

水野:はい、ハン選手、後はよろしくお願いします。
ハン:さあ、ゴール地点の寿文化ホール前には多数の観客がおります。その中で先頭で入ってきたのは、2番岡崎海邦セラフィムDSの結城 千種選手がやって来ました。沿道の声援に笑顔でこたえます。そしてゴール地点には1区~7区の選手が待ち構えています。1区ソニックは3位からのスタート、2区栗浜が粘りの走りで、3区の菊池が2位へ押し上げ、4区のマイティが先頭との差を詰め、5区のボンバーでトップに立ち、6区のフォクシーで食い下がり、7区の武藤で再度浮上。そしてこの8区結城選手が今、右手に1本指を突き立てゴールしました!!タイムは1時間57分40秒!!1時間57分40秒!!2時間を切ってゴールしました。みんな笑顔で結城選手を迎えています!!

そして、2位には26番U-82陸上部、相羽 和希選手が来ました。6区のノエル白石選手で先頭に立ち、優勝を争いましたが、一歩及ばずゴールしました。タイムは1時間59分25秒!!2時間を切る好タイムに沿道からも大きな拍手が起きています。

3位で来たのは18番舞闘天使・改のマイティ祐希子選手です。何といっても7区の南 利美選手の2回連続の区間新にはまさしくレジェンドな走りといっても過言ではありません!!2時間0分10秒でゴールしました。

そして4位には27番冷凍みかん、ソニックキャット選手が来ました。5区の斎藤選手が区間賞を取ったことが光っています。2時間1分25秒でフィニッシュしました。

5位のチームは17番上原さんの憂鬱、佐久間 理沙子選手が来ました。何といっても7区の上原選手が区間2位の快走でジャンプアップし、2時間2分10秒でゴールしました。

6位からは接戦となっています。まず来たのは22番全女ダッシュ、レミー・ダダーン選手です。区間3位の快走でジャンプアップしました。その後ろにホストチーム1番さばいばるだんす、吉田 龍子選手。7番日月と星灯、結城 千種選手。9番Theガッツ!、レミー・ダダーン選手が相次いでゴールになだれ込み、10番MAHOROBA、フレイア鏡選手がゴールしました。7番日月と星灯、結城 千種選手が区間2位の快走でジャンプアップ。10番のMAHOROBAは4区草薙 みこと選手の11人抜きの区間賞が鮮烈な印象を残しました。ここまでがトップ10です!!

11位からは3チームが熾烈な争いが続いています。4番コーヒー・ブレイク・エンジェルス、相羽 和希選手がやや前で、11番KILLER QUEEN、フレイア鏡選手。13番ピンク ツエッペリン、マイティ祐希子両選手が同時にゴールしました。この3チームの差は何と5秒!!5秒に3チームが入る混戦となりました。

14位には3番私たちも走りたいの皆川 晴美選手が、その後ろに8番気ままに進む隊、相羽 和希選手がゴールしました。ともに、最終8区ではやや苦戦した感じです。

16位に19番Second Flightの結城 千種選手が来ました。2区のAGEHA選手の10人抜きは記録に1人及ばなかったものの、鮮烈な印象を残しました!!

17位には5番不死身の第4小隊、南 利美選手に、24番ブラウンシュガーのジャニス・クレア選手が追いついた所で同時にゴールしました。ジャニス選手の区間タイムは20分ちょうどで、区間賞を取りました。5番不死身の第4小隊も6区のロイヤル北条選手のパーフェクトな走りでの区間新は後に語り継がれる記録でしょう!!

19位には15番カタラータ・カルパ、ミミ吉原選手が来ました。3区の柳生選手の区間5位の走りが印象的です。順位をキープして、今、ゴールしました。

20位には前半の1、2区でビューティ市ヶ谷選手、マイティ祐希子選手の共に区間新の大逃げで大いに沸かせた、23番大流星が来ました。ジーナ・デュラム選手が苦戦するもゴールして、後ろに20番NEW WINDの永沢 舞選手、さらに、16番関東悪連選抜、八島 静香選手、12番ハッスルエンジェルスのゆっこ選手がゴールしました。20番NEW WINDは序盤苦戦するも、7区伊達選手で巻き返しました。

24位に前半盛り上げた21番マッスルテブクローズ、寿 千歌選手が来ました。中盤苦戦するものの、最終8区では順位を上げました。その後ろにこちらも順位を上げた14番小縞メロン畑陸上部の小縞 聡美選手がゴールしています。

26位に28番天覇封神の菊池 理宇選手が来ましたが、非常に苦しそうです。3区桜井選手の区間賞の快走を見せましたが、菊池選手スタミナ切れを起こしたのか、足取りも重いです。今、なんとかゴールしました。

27位に25番オーサカ・ドラゴンランナーズのカンナ神威選手が来ました。声援に恥ずかしそうに答えています。2時間19分20秒でゴールしました。

そして最後に6番Flying Warriors、金森 麗子選手が来ました。終始苦戦が続いていましたが沿道の大きな声援に応え無事に完走しました。タイムは2時間31分20秒で全28チーム、無事にゴールしました。

そして、優勝した2番岡崎海邦セラフィムDSのDolphinsオーナーが胴上げされています。1回、2回、3回と宙に舞いました。そして栗浜、菊池、フォクシー、ソニック選手が相次いでシェービングパイを投げつけ、ボンバー、マイティ、武藤、結城選手がスポーツドリンクをぶっかけました!!

以上、ゴール地点の寿文化ホール前からお伝えしました。

※ 公式記録はやってやるって!!あ、レッスルも。様のブログをご覧ください。


いかがでしたでしょうか。出来るだけたくさんのチームを取り上げたかったのですが、やはり、チームによって取り扱った実況に差があるかもしれません。なんとか無事にゴールまで実況出来たので取りあえずホッとしています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト
プロフィール

DolphinsO

Author:DolphinsO
Dolphins(O)
団体名は岡崎セラフィムDSで行っています。また、会談の場は基本的にここで行います。

*レッスルエンジェルスの画像については、許可無く転載などをしてはいけません
(c)2006 松永直己/SUCCESS
(C)2008 松永直己 / TRYFIRST

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
sakaki2.jpg 20110111102305f65.jpg マリッジロワイヤル プリズムストーリー  
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。