スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4回レッスル駅伝 第2区

佐倉:レースは第2区。駅伝では花の2区といわれるこの区間。成瀬ヶ原までの3Kmで争われますが、霧子さん、この区の注目選手は?

霧子:榎本 綾選手ですね。4番はっちゃけあやさん以外、7番NEW WIND、21番U-82陸上部の3チームが登録していますのでどういった差が出るか見物ですね。

佐倉:さて中継カメラは先頭を捉えています。

佐倉:現在の先頭はゼッケン1番爆笑レッド&ピンクカーペット、サキュバス真鍋選手を捉えていますが、相変わらず少し後ろに22番外人部隊、マスクド・ミスティ選手がつけています。そして、25番DENSOU、真壁 那月選手はやや遅れ加減になっている感じがしますが・・・

霧子:そうですね・・・真壁選手が悪いってよりも、真鍋選手、ミスティ選手がいい感じですからね。気にしなくていいでしょうね。

佐倉:それでは第2号車は今どこにいますか?篠崎さん。

篠崎:第2号車は現在4位の8番ファレノプシス+ブラウンシュガーwith韓流、メイデン桜崎選手につけています。先頭との差は変わっていない感じです。その少し後ろに11番気ままに進む隊、金森 麗子選手、2番岡崎海邦セラフィムDS、テディキャット堀選手が併走しています。

霧子:3選手とも走りはいいですね。このまま接戦が続く感じがしますね。

佐倉:そして、バイクリポートに動きがあるみたいですが、石田さん。

石田:はい、バイクリポートは今12番TEAMスクールオブエンジェルスの榎本 綾選手を捉えてますが、非常にスピードに乗った走りで次々と選手を抜いていきます。今も3番マジカルじゃぽねすく、サキュバス真鍋選手、4番はっちゃけあやさん以外、榎本 綾選手を抜いていきました。

霧子:12番TEAMスクールオブエンジェルスの榎本 綾選手は区間賞のペースですね。また、どの位選手を抜くか楽しみです。

佐倉:12番TEAMスクールオブエンジェルスの榎本 綾選手に注目ですね。さあ、第3号車はどの選手につけていますか?観月さん。

観月:はい、第3号車は今、6番CBTメキシカンブレンドのマスクド・ミスティ選手につけています。ミスティ選手は22位で第1中継所を通過しましたが次々と選手を抜いて現在16位まで順位を上げています。さらに前に襲いかかります。

霧子:ミスティ選手もいい走りですね。どこまで順位が上がるか注目ですね。

佐倉:さあ、第2区も残りあとわずかとなりました。相変わらず先頭は1番爆笑レッド&ピンクカーペット、サキュバス真鍋選手、そしてやや後ろに22番外人部隊、マスクド・ミスティ選手がつけています。さあ、ここで第2中継所にバトンを渡しましょう。新潟TokiTVの鈴木さん。

鈴木:こちら成瀬ヶ原の第2中継地点です。ここから坂のきつい第3区に入る中継地点となります。さあ、間もなく先頭がやってきます。
 まず先頭は1番爆笑レッド&ピンクカーペット、サキュバス真鍋選手がやって来ました。さあ、3区はマッキー上戸選手に渡しました。タイムは16分45秒です。そしてすぐに22番外人部隊、マスクド・ミスティ選手はマリア・ロードンに繋げました。差は10秒。10秒の差は1区と変わりません。
 そして、3位には何と12番TEAMスクールオブエンジェルス、榎本 綾選手。なんと12人抜きの力走です。そして、3区の山元 広美選手につなげました。トップとのタイム差は45秒。45秒で3区に繋げました。なお、榎本選手のタイムは6分55秒!!区間賞は確実と言っていいでしょう。
 4位からは集団となっています。まず前に8番ファレノプシス+ブラウンシュガーwith韓流が通過。そして離れた5位には11番気ままに進む隊、2番岡崎海邦セラフィムDS、25番DENSOUの3チームは同時に通過。そして少し後ろに3番マジカルじゃぽねすく、4番はっちゃけあやさん以外、そしてその後ろ21番U-82陸上部、さらにやや後ろ19番MAHOROBA、そして、等間隔に10人抜きの力走6番
CBTメキシカンブレンド、16番湘南ニーソックス、9番夢の扉の開き方は3チーム同時、さらに23番麗華と愉快な仲間達、そのやや後ろ、7番NEW WIND、13番グリーンディスティニーの2チーム、さらに24番テンイムホウ、そして、14番武闘天使+α、18番しるばぁみれにあむまでが大きなグループとなって通過しました。ここまでのトップとの差は2分40秒。2分40秒差で20チームが通過しました。
 さあ、そして21位争いをしている2チームが来ました。20番関東学連戦隊、10番KYひとあさ証券
の2チームがほぼ同時に3区に繋げました。その後ろも2チーム同時です。15番プロレスリング・ホークス、17番E&littleGも2チームが同時に、その少し後ろに26番オーサカドガゴンランナーズ選抜も通過しました。先頭との差は3分55秒です。
 そして、最後のチームが来ました。5番ドルフィン早瀬とちーちゃんずの村上 千春選手です。沿道の声援に少しはにかみながら今3区の桜井 千里選手に繋げました。通過タイムは21分20秒、トップとは4分35秒差で全26チームが通過しました。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト
プロフィール

DolphinsO

Author:DolphinsO
Dolphins(O)
団体名は岡崎セラフィムDSで行っています。また、会談の場は基本的にここで行います。

*レッスルエンジェルスの画像については、許可無く転載などをしてはいけません
(c)2006 松永直己/SUCCESS
(C)2008 松永直己 / TRYFIRST

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
sakaki2.jpg 20110111102305f65.jpg マリッジロワイヤル プリズムストーリー  
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。